占いでアルバイトをすることはできるの?

占い関係の仕事やアルバイトに関心がある方を対象とした情報サイトです。

占いに関わる仕事やバイト

日本での占いのニーズは市場規模の大きさに比例して、中々大規模です。 占いに対するニーズの増減や占い業界の人材状況を踏まえて考えることで、改めて日本における占い市場の状況について知っておくことは、貴方が占い業界を知る上で役立つのではないでしょうか。

占い業界とアルバイト

占い業界は市場規模に反して、その業態が知りにくい業界の一つです。占い業界におけるアルバイターの役割や求人状況の一端を知ることは、不透明な占い業界の市場状況や占い業界での仕事を知る機会を生み、占い関係の仕事や占い業界について考えるきっかけになるでしょう。

占い業界での就職を考える

占い師に求められる資質や占い師の仕事、コミュニケーションの得意不得意別に占い業界に携わる仕事についてある程度学んでおけば、占い業界での就労や占い業界の業態を理解することに繋がり、本格的に占い師を志す方や占い業界での就職を目指す方にとっての指針作りには役立つはずです。

占いのニーズ

占いは統計学であると言われています。
姓名や人相・手相、生年月日などのデータを集積して、そのデータに基づいたカウンセリング行うことが現在の占いの主流であるためです。
統計学やデータの集積などと言われると、占いが好きな人でも少々敷居が高いように感じますよね。

しかし、占い業界も通信技術の発達と共に変化を続けているため、日々新たな仕事やアルバイトが生まれています。
人と直接対面せずに占い業界で働きたい方も求人を探してみてはいかがでしょうか。

はじめにスタンダート占い師について触れてみますが、実は近年、直接対面しない形態の占いが主流なのはご存知ですか。
風水やタロット、姓名判断と様々な占いがあるのと同様に、占いに関わる仕事やアルバイトも多種多様で、直接的に占いと関わる占い師に限っても、街角占い師や拠点型占い師、電話占い師にチャット占い師といった具合に様々な形態があります。
中でも、電話占い師やチャット占い師は相手に直接会わずに占う占い師の典型例です。

占い師の形態が通信技術の発展の影響を受けて分化したように、占いに関わる仕事やバイトもまた、発展した通信技術の影響を受けました。
直近の具体例としては、占いサイトの運営者や占いコンテンツのプログラマといった仕事や占いコンテンツのライターなどが挙げられるでしょう。

このように通信手段の発達とともに、新たな形態を模索していることが、占い業界が不況に強いと言われる所以なのかも知れません。